マンガ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』7巻の感想


(旧ブログから記事を移転)

※ネタバレもあるので注意。

派手さは少ない(ないとは言っていない)けど、今後の展開への重要な話が詰まってる、そんな巻です( ^ω^ )
そんなこんなで感想です( ^ω^ )

ロリ美遊が可愛い(*´ω`*)

と言っても、今の美遊も小学生なんですけどねwww

しかし幼いころから着物が似合いますね(*´ω`*)
和風美人やで(*´ω`*)

感情表現の乏しい美遊から、笑顔全開になるまでの変化も良いです(*´ω`*)ブヒ
士郎さんからお兄ちゃんへの、呼び方の変化も良いです(*´ω`*)ブヒブヒ
この時はまだ幸せだったんですね……

ついでにショタ士郎も出てきますよ( ^ω^ )

相変わらず桜の後輩力が半端ないwww

あんな後輩が欲しかったです……(切実
私も桜に「先輩」と呼ばれてみたいですwww
最高の学園生活になるでしょうねwww
胸も大きいし(*´ω`*)

美遊の過去の秘密が明らかに

生まれながらの聖杯というのはもう分かりきっていたことですが、エインズワースに目をつけられた経緯が7巻では明らかになります。
目をつけたのはエインズワースだけじゃなく、切嗣もですが。

原作の『Fate/stay night』(Fate/Zeroというべきか?)では泥のせいで大火災が起きたわけですが、平行世界では街が謎の闇に飲まれていくという違いがあります。
聖杯戦争の種類(やり方?)が違うとこういうことも起きるということなんでしょうか……?
しかし、みんなの願いを受けた美遊はその闇をあっさり払います。
聖杯戦争なんていらなかったんや!ってなりますねwww

切嗣に連れ去られるまでの、家族との関係はどうだったんでしょうね?
母親に抱っこされたりしてたみたいだし悪くはないように思えますが……
あっさりと士郎に懐いてたし、ちょっと気になりました。

桜が(´;ω;`)ウッ…

原作の『Fate/stay night』並みのエグさですwww
平行世界でも間桐家はやっぱり間桐家だったんですねぇ……
桜が幸せに暮らせていたのも割と短い期間というのが、セリフからも察せられます……
本当、Fateは桜に厳しい\(^o^)/

桜の胸に穴を空けた慎二(まだ名乗ってないけど)は万死に値しますね!
胸は穴を空けるためにあるんじゃない!
揉むためにあるんだwww
慎二の中の人もきっと分かってくれると思うんですwww

7巻はここで終わるか!っていう、良いところで終わってるんですが、本当に続きが気になりますwww
士郎が本格的に聖杯戦争に参戦するのはあの後ですよね?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク