2016年のアニメ制作企業全体の収入高は過去10年間で最高!なのに平均収入高は約4割減!?

どうしてこうなった…
`___
/∥ ̄∥ ∧∧
L∥_∥ (  )
| ̄\三⊂/ ̄ ̄/
|  |( /  /

どうしてこうなった!?
`___
/∥ ̄∥ ∧∧
L∥_∥ (^ω^)
| ̄\三⊂/ ̄ ̄/
|  |( /  /

どうしてこうなった
 どうしてこうなった

`___ ♪ ∧∧ ∩
/∥ ̄∥ r(^ω^)ノ
L∥_∥ └┐  レ―、
| ̄\三/ ̄/ _ノ⌒
|  |/ /(_(  ♪

どうしてこうなった
 どうしてこうなった

`___ ♪ ∩ ∧∧
/∥ ̄∥  ヽ(^ω^)7
L∥_∥  /\ノ  ┌┘
| ̄\三/ ̄/\_ ノ
|  |/ /   )_) ♪

こんな感じでしょうかwww\(^o^)/

記事と一次ソース

国内最大級の企業情報データベースを保有する帝国データバンクが、あなたのビジネスを強力にサポート。企業信用調査、マーケティング、取引先状況の把握や与信管理の業務効率化をご提案します。倒産情報や独自調査レポート、分析データも公開。

アニメ制作企業の経営実態調査 詳細(pdf)
数字も含め、けっこう詳しく書かれているので、興味がある人はぜひこっちも( ^ω^ )

競争が過剰……?

読んだ第一印象としては「競争が過剰……?」です。
制作会社全体の総収入高は増えてるけど、1社当たりの平均収入高が減っているということは、多分そういうことでしょう。
資料にも、中国・韓国企業の台頭と、国内でも新興企業が相次いで設立されたことが要因という内容が書かれていますし。

新興企業の設立と関連していびつだなぁと感じたのは、人手不足なのにも関わらず制作会社が増えているということですね。
会社ばかり増えても働く人が増えないことには、何も生み出せないですからね。
これはアニメ産業に限った話ではありませんが。

驚いたのは、2000年代以降に設立された企業だけで全体の約6割を占めていることですね。
そりゃ競争も激しくなりますわ\(^o^)/

……まぁでも、市場規模に対して制作会社の数(230社)が多いのか少ないのかは、私には判断できません\(^o^)/

2016年のアニメ産業市場規模は2兆円を上回る水準に達する見込み(`・ω・´)

さらっとすごい金額が書いてありました。
ちなみに2015年は1兆8255億円です。
市場規模は成長を続けていますね。

制作会社全体の総収入高は増えているとはいえ、下に流れる金額がそもそも少ないのでは?という印象です。

放送を落としたアニメも名指しされてるよ\(^o^)/

『ブレイブウィッチーズ』とか『ろんぐらいだぁす!』\(^o^)/
今は、帝国データバンクの資料にアニメのタイトルが載る時代なんですよ\(^o^)/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク