仮想通貨『オタクコイン』がICOを検討wwwメインターゲットは外国人かな?

仮想通貨『オタクコイン』がICOを検討しているというニュースがばーっと流れましたねぇ。
プレスリリースや公式サイトを読んだ感想は、外国人向けが主なのかな、といった感じです。
私の主観ですが(笑)

Tokyo Otaku Modeって?

https://ja.wikipedia.org/wiki/トーキョーオタクモード

本社所在地がカリフォルニア州なのかデラウェア州なのかオレゴン州なのかよく分からないんですが、何にしてもアメリカにある会社です。
経営の主体は日本人みたいですが。
何をやっている会社かというと、

国外向けに日本のサブカルチャーコンテンツである、アニメ、漫画、ゲーム、音楽、ファッションなどの情報発信を行ったり、商品をインターネットを通して通信販売(電子商取引)する会社の1つ。

ということのようです。

その、Tokyo Otaku Modeが『オタクコイン』という仮想通貨を、「発行しようかなー、どうしよっかなー」と検討していると。
この記事を読むと、具体的なことは全然決まってなさそうな印象です。

Tokyo Otaku Modeは、独自の仮想通貨「オタクコイン」でのICOに向け、本格的な検討を開始した。SNSでは、資金調達目的のICOとして実施の是非に関する意見が挙がっているが、同社共同創業者の秋山氏によると、単なる資金調達目的ではないという。

プレスリリースや公式サイトを読んでみた

日本が誇るアニメ/漫画/ゲームなどのオタク系コンテンツ業界に特化した仮想通貨「オタクコイン」でのICO(Initial Coin Offering) 実施に向け本格的に検討を始めました。
Otaku Coin, a community currency for anime, manga, and video game fans around the world, is now under consideration for issuance in summer 2018. The concept pap...

ざっと読んだ感想として、海外からのお金の流入をよりスムーズにしたい、ということがまず1番なのかなと。

ネットの意見で「現金で良いじゃん」というものがありましたが、例えばクラウドファンディングで資金調達を行う場合、日本のコンテンツなら日本円=ほぼ日本人からの調達、というのが現状だと思います。
(違ったらごめんなさい/(^o^)\)
国を問わずクラウドファンディングで資金調達を行いたいと考えたとき共通の通貨があった方が便利よね、ってことかと思います。
もちろん、自社のネットショップでも使えるようにしたいという目的もあるでしょうけど。
でもこれだけだと、既存の仮想通貨を使えば良いわけなんですよね。

で、既存の仮想通貨にない機能として、こんなことを実現したいと書いてあるわけです。

・アニメの供給過多により優れたアニメ作品が視聴されない、いわゆる「0話切り」問題を解決していきます
・個人の趣味趣向に合ったファンと作品の”出会いの場”を提供することで、これまでなら見逃してしまっていた作品を、あなたにマッチングします

仮想通貨でどうやって実現するのかは分かりませんが、実現したら画期的です。

もう1つ気になったことがあって、オタクコインの入手方法に、アニメ視聴やシェアやレビューというのがあるんですよね。
投げ銭的な意味なら「あ、そう」で終わるんですが、マイニングを意味しているならかなり画期的ではないかと。
今の段階ではどういう意味か分かりませんが。

個人的に期待したいこと

仮に『オタクコイン』が実現するならということが前提になりますが、末端のクリエーターまでお金が回るシステムを作ってほしいなと。
例えば、関わった作品の売上に応じて、その人の口座にオタクコインが自動的に付与される、とか。
Proof of StakeとかProof of Importanceとか、その辺りの技術を使ってどうにかできないかなと。
新人動画マンのくっそ安い給料の、少しでも足しになればね……

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク