Coinhiveの件がもし違法なら、ものすごい大量のWebサイトがアウトになるんじゃないか?

詳しくはこちら↓

表題の通り、お恥ずかしい限りではありますが、人生ではじめて警察(神奈川県警!)のお世話になる運びとなりました。罪状としては「不正指令電磁的記録 取得・保管罪」、通称ウイルス罪とのことで、まさに青天の霹靂の思いです。ドークツは「Webを楽しもう」をモットーに東京都吉祥寺で活動するWeb制作チームです。

2つめのリンク先はかなり長いですが詳しく書いてあるので、興味がある方は読んでみると良いかと。
というか、何かしらWebサイトを管理している方やプログラマー等の方は、読んでおいた方が良いと思います……

で、ここからは私の個人的な感想です。

例えばGoogle Adsenseも、JavaScriptが実行されて広告を表示しているわけです。
広告が表示されるかどうかはそのサイトを開いて見てみるまで分かりませんし、JavaScriptが実行される際には閲覧者のPCのCPUリソースは使われるわけです。
で、クリックされるとサイト管理者に報酬が入ると。
Coinhiveと何が違うのか……?
むしろ広告の中には、かなり怪しいサイトへ誘導するものだったり、画面いっぱいに表示して本来の目的のサイトの閲覧を邪魔するものがあったりと、そっちの方が余程悪質かと。
(さすがにこういう悪質な広告はグーグルアドセンスにはないと思いますが)

Google Analyticsのようなアクセス解析ツールは更にやばいのではないかと思うのですが……
誰が(どのIPアドレスが)、どのサイトに、どれくらいの時間閲覧していたか、また、どういう行動を取ったのか、次にどのサイトに移動したのか等々を解析できるツールのことです。
大抵、サイトの閲覧者に知らせることなく導入されていています。
(サイトの運営や改善を目的として導入されるもので、基本的には悪意のあるツールではありません)
しかしその情報は、サイトの管理者だけが知り得るのでなく、アクセス解析ツールを提供している企業も収集しているわけで……
Coinhiveが違法なら、こんなのド☆違法じゃないですかwww
企業のサイトでもGoogle Analyticsを導入しているところは多いのではないでしょうか?

ちなみに私のサイトはCoinhiveを導入していません。
訪問者が少なすぎて、絶対に儲からないと分かっていたからねwww/(^o^)\

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク